平成27年度 東京都立西高校  推薦作文問題 解答例3

【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ


平成27年度 東京都立西高校 
推薦選抜にもとづく作文問題 解答例3

(問題はこちらから。東京都立西高校HPより)


次のことばについて、あなたが感じたり思ったりすることを六百字以内で述べなさい。

「自分では前を見ているつもりでも、実際はバックミラーを見ている。」

(マーシャル・マクルーハン)


解答例3

 私はこの言葉は私にとってのみならず、現代の日本を生きるほとんどすべての人に当てはまると思う。なぜなら私は、この言葉はテレビを前にしたわれわれの姿をあらわしていると考えるからだ。

 確かにわれわれは、テレビ画面を「眼前」にしている。しかし、そこに広がる光景はほとんどの場合収録された過去の記録である。また、バックミラーのたとえは、テレビの映像の間接性と断片性をあらわしていると思う。すなわち、バックミラーに映る像はわれわれが直接目で見る像ではないのと同様に、われわれは、テレビに映る場所に直接足を運んでいるわけではない。さらに、バックミラーに映る像はかなり限定された狭い視野となっている。

 私は、テレビの映像そのものが過去の記録であること自体が問題であるとは思わない。しかし、その映像が実際には過去の記録の断片でしかないにもかかわらず、われわれがテレビを見るときに、そのことをことさら意識していないとすればそれは問題である。われわれは、実際にはバックミラーの像を見ているにもかかわらず、前を向いている「つもり」になっているという表現がこの言葉の肝心な点ではあると考える。

 高度な情報化社会においてはほとんどの情報がバックミラーに映ったものということもできる。こうした原理的な現状を踏まえて、テレビを含めたメディアにかんするリテラシーを考える必要があるのだ。(573字)


【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ


【受験生向け講座】

①通信添削

②スカイプ添削

③都内某所での合宿講座

を開講予定です。

詳しくはお問い合せください。


【塾向け講座】

貴塾での塾内授業や貴塾生への通信添削・スカイプ添削を

受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。


雄飛教育グループ、AO入試個別塾プロデュース

【哲学博士による都立推薦小論文道場】

担当 佐藤陽祐

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

【お問い合わせ先】

an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)

080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)

048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)

名門公立高校受験道場 『都立推薦小論文の極意』のコラムも担当しております。

当ブログとともに合わせてご覧ください。


0コメント

  • 1000 / 1000