H31年度 東京都立西高校 推薦入試作文 解答例

【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ  


H31年度 東京都立西高校 推薦入試作文 解答例


(問題はこちらから。東京都立西高校HPより)


次のことばについて、あなたが感じたり思ったりすることを六百字以内で述べなさい。 

数について何かを発見するためには、数を転がして、ころころと手のひらで弄(もてあそ)ぶことが一番重要なんです。(藤原正彦)


解答例

 この言葉は、数における法則を発見するためには、数を実際に足したり、引いたり、掛けたり、割ったりして、具体的に数をいじくって遊ぶようにしながら、何らかの規則性を探していくことが最も重要だと言っているのだと考える。なぜなら、数学では、そうした試行錯誤を通じて新しい発見ができると考えるからだ。したがって、この言葉は、ある対象に対して重要な発見をしたり、できなかったことをできるようにするためには、いわば

自分で遊びながら試行錯誤することが大切だと言っていると理解できる。

 たとえば、私はピアノを練習していて、どうしても難しくて演奏できないフレーズがあった。しかし、しばらく自分の好きな他の曲を遊びとして演奏していた。その後、かつて演奏できなかったフレーズが自然と弾けるようになっていたということが何度もあった。つまり、遊びでピアノを弾いているなかでも、より上手く弾けるように自然と試行錯誤を繰り返したことで、難しいフレーズも弾けるようになったのだと思う。

 以上より、新しい発見をしたり、できなかったことができるようになるためには、その対象を「弄ぶ」、つまり遊びながら試行錯誤を繰り返していくことが重要だということがわかる。したがって、今後、何かに行き詰まったときには、一度、その目的や意図をいったん留保し、この言葉で言われているように弄び、試行錯誤してみたいと思う。(578字)



【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ  



〇 【哲学博士による都立推薦小論文道場】

LINE@を始めました。

都立推薦入試制度や小論文についてなど

ご質問やご相談にお答えいたします。

友達追加をよろしくお願い申し上げます。

0コメント

  • 1000 / 1000