哲学博士による都立推薦小論文道場 開場!

―はじめに―

都立の進学重点校の推薦入試を受ける子の成績は、オール5なんてのはザラで、

内申点では正直、差がつかなくなってきている。

となると、試験での成績が当然重要になる。

都立高校推薦入試には小論文(作文)、個人面談・集団討論がある。

これらの要件にたいして、受験生は十全な準備を行えているだろうか。

特に小論文についてはどうだろうか。

実のところ、各中学校、あるいは進学塾においてすら推薦入試への対策は

万全とは言えない。

特に小論文をきちんと指導できる先生がいない

(その力のみならず、そもそも時間や機会がない)

のではないか。

大手の塾でも推薦を受けるとなると、申し訳程度に小論文や面接の練習をして、

受かったらラッキーという程度の扱いしかされていない。


しかし、これはせっかくのチャンスをドブに捨てている。

推薦入試に対して、確実に点数を獲得するための準備はできるのだ。

特に小論文は「格」に見「合」った実力を鍛え上げることが可能だ。

これから、都立進学重点校の小論文課題の解答例を挙げていく。

これらの解答例を見て、どう思うだろうか。

これぐらい余裕で書けると思うだろうか。



不安に思う必要は何もない。もう一度言おう。

小論文は準備をして、確実に点数を確保するための手段とすることが可能だ。

解答例のような解答を訓練次第で、記述することが可能になる。

まずはこのことを理解してもらいたい。

哲学博士による都立推薦小論文道場は、小論文において確実に点数を獲得するための力

を備えてもらうべく、論文執筆(代表の佐藤以下、講師は全員が実際に学術論文を

執筆しております)・論文指導のプロが徹底指導を行う。

講師との指導・対話を通して、世の中の見方や議論の仕方、

さまざまな概念や語彙を身につけてもらい、集団討論・個人面接にも

対応しうる力も養う。

ラッキーで受かったなんて、もう言わせない。



雄飛教育グループ、潜龍舎プロデュース

【哲学博士による都立推薦小論文道場】

担当 佐藤陽祐

https://doctor-of-philosophy1982.amebaownd.com/

 

【お問い合わせ先】

dr.sato.suisen.shoron@gmail.com (代表佐藤メールアドレス)

080-3433-8068 (代表佐藤携帯電話)

048-796-7782 (雄飛教育グループ直通)


〇AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎 LINE@を始めました。

 都立推薦入試制度や小論文についてなど 

 ご質問やご相談にお答えいたします。

 友達追加をよろしくお願い申し上げます。

0コメント

  • 1000 / 1000