都立西高校 推薦入試作文の肝

【哲学博士による都立推薦小論文道場】

 受講希望の皆様へ  

〇哲学博士による都立推薦小論文道場

LINE@を始めました。

都立推薦入試制度や小論文についてなど

ご質問やご相談にお答えいたします。

友達追加をよろしくお願い申し上げます。




都立西高校が来てもらいたいと

考える学生像は、明確です。 


「国際社会で

 活躍できる人材」 


これです。 

実際に、「海外リーダーシップ・ プログラム」

という西高独自の海外交流事業を

行っていますし、英語以外の

第二外国語教育も厚いですね。 



目下、2020年度以降の大学入試改革によって

英語試験の4技能化が打ち出されています。

英語教育が新たな局面を迎えようとしています。

したがって、英語の技能の鍛練が学生には

今後ますます求められるようになるでしょう。



しかし、都立西高校はその先を見越しています。 

英語やそれ以外の言語を使用できるようになる

ことは、当たり前になります。都立西高校が

その教育において追及しているのは、

母語以外の言語を使って、文化や価値観や

行動様式が異なる世界の人々を相手に、


西高校の学生が
何を語れるか


という点です。

どれだけ語学ができたとしても語るべき

価値ある内容、他者が耳を傾けるような

先進的、魅力的な内容がなければ、 

国際社会でリーダーシップを発揮する

などということはできません。


都立西高校の推薦作文の問題を見てください。 

都立西高校が求めている「知」がものすごく

よくわかる。  


すなわち、都立西高校が求めているのは、

語学の技能を当り前の技術として身につけた上で、

さらに他者と語り、相互理解を深め、共有しあえる

「共通知」なのです。  


この共通知が、まさに「人文知」

呼ばれるものです。これはすなわち、

価値観や思考様式が異なる他者と

相互理解を図り、共に生きる道を探求し、

新しい世界観やモノの見方を創発する知です。  


この「人文知」を受験生に求めている

というのが都立西高校推薦入試作文の肝です。 


だから、都立西高校の推薦作文の課題は、

古今の哲学者、思想家、文学者、数学者、 

科学者たちの言葉が出題されるのです。

彼らの言葉は、全世界の人々に対して

問われている。

そして、全世界の人々が受け止めて、

考えるに値する言葉なのです。 


都立西高校の推薦作文を解答するにあたって、

こうした背景を知っているかどうかは、

かなり大きいです。

生徒の答案の質がかなり変わってきます。

実際に教えていて、本当にそうです。 



中学生のみんなには、

少し難しかったかもしれないなぁ。 

ようするにだ、日本を飛び出して海外の人たちと、

おもしろい仕事をしていこうぜ!ってことだな。


そのときに世界に通用する新しい考え方を

生み出したり、そもそも全然考え方が違う人

たちと共通の知識を探求したり、共有したりして、

共に生きるにはこっちも相当いろいろ

考えていかなきゃいかんぜ、ということです。 


だからさ、ちょっと作文書けばいいんだろ

なんて代物じゃあないぜ。 

西高校の推薦入試は世界につながる

すんごいおもしろい試験なんだ。

しっかり準備して臨もうじゃないか! 



【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ


〇ご連絡先

雄飛教育グループ潜龍舎プロデュース

【哲学博士による都立推薦小論文道場】

代表 佐藤 陽祐

メール:dr.sato.suisen.shoron@gmail.com

TEL 080-3433-8068



0コメント

  • 1000 / 1000