都立日比谷高校 推薦入試小論文の肝

【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ      


〇哲学博士による都立推薦小論文道場

LINE@を始めました。

都立推薦入試制度や小論文についてなど

ご質問やご相談にお答えいたします。

友達追加をよろしくお願い申し上げます。





都立日比谷高校は、公立高校では

今年度もっとも東大合格者数が多かったです。

そして、東大は、日本の政治・経済において

トップとなる人材や官僚を

輩出するための大学ですね。

東大を目指す人、さらに東大を出た人に

求められるのは、現代社会における様々な

問題を発見し、自分で解決策を見出して、 

社会を牽引していくことです。


日比谷高校の小論文が毎年、現実社会の課題に

即応した(ヘヴィな)問題を出してくるのは、

将来的に東大が輩出しようとしているような力

を持つ生徒がほしいという意図があるからです。 

したがって、小論文の問題は、

典型的な課題発見(問1)・課題解決(問2)型

の問題となるわけです。


こうした出題の背景や意図を、学校や塾の先生は

教えてくれないはずです

 (というか、知らない人が多い)。

しかし、出題の背景や意図を深いところで

理解しておけば、日比谷高校の小論文は

解答の方針が明確に打ち出せるようになります。 


つまり、

課題を自分で発見し、自分で考えた解決案を提示する、 

という方針です。このことは、

答案作成のために、よく覚えておいてくださいね。


設問1 

日比谷の小論文の問1は、複数の資料から

課題を見つけ出すことを意図しています。


設問2 

設問1の問題について、現実的かつ妥当な

解決策を考えることを意図しています。



また、2020年の大学改革以降の入試

「大学入学共通テスト」では、 


教科・科目の知識をいかに効率的に

評価するかではなく、大学教育を受ける

ために必要な能力として、特に、

・内容に関する十分な知識と本質的な理解

 を基に問題を主体的に発見・定義し、 

・ 様々な情報を統合し構造化しながら

 問題解決に向けて主体的に思考・判断し、

 ・ そのプロセスや結果について主体的に表現

 したり実行したりするために必要な

諸能力をいかに適切に評価するかを重視する 

文部科学省 高大接続システム改革会議「最終報告」より)


とされています。 


要するに、今までのように、与えられた

問題を個々の科目ごとの知識にもとづいて

機械的に解くのではなく、

2020年度以降の大学入試では、 

自ら問題を発見し、

その問題に対する解決策を考えること

が大事なわけです。


日比谷高校は、もう何年も前から

課題解決・発見型の問題を出題し

続けています。 2020年度以降の大学入試にも

即応するものと思われます。 

小論文対策を通じて、新しい入試にも対応していきましょう!  




【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ


〇ご連絡先 雄飛教育グループ潜龍舎プロデュース 

【哲学博士による都立推薦小論文道場】

代表 佐藤 陽祐

メール:dr.sato.suisen.shoron@gmail.com

TEL 080-3433-8068




0コメント

  • 1000 / 1000