論理的な文章とは?

こんにちは。 代表の佐藤です。 

中学生のみなさんも今月から新

学年が始まりましたね。 

佐藤は大学のほうでも、講義が始まりました。

担当は現代論理学という講座です。

 現代論理学は記号を使って、

言葉のなかにある 規則を見つける学問です。  


小論文でも論理は大事です。 

読み手が納得する筋道の通った小論文は、 

論理的である必要があります。 

この論理的であるということ、

論理とはなんでしょうか。


 論理の根幹は

 接続詞

にあります! 


 〇

お母さん、お腹すいたよ~!

だから、おやつ食べたいよー! 


お母さん、お腹すいたよ~! 

しかし、おやつたべたいよー!


 〇

お母さん、お腹すいたよ~!

なぜなら、昼から何も食べてないからだよー!  


お母さん、お腹すいたよ~! 

あるいは、昼から何も食べてないよ~! 


上の例における文章のつながりの違いが

わかりますよね。 (わからない人、違和感を

感じない人は、今すぐ当道場へ!)

接続詞とは、


「つながっている2つの語句や文章の関係を示すもの」


です。 反対に言うと、語句や文章どうし

は適切な接続詞を用いて、つながりをも

たせなければなりません。 

語句や文章を適切な接続詞でつなげていくこと、

これが論理的であるということです

(中学生までは。)。 


みなさん日常会話では難なく接続詞を

使っているように思います。

しかし、文章となるとこれが途端にできなくなる。

いや、本当に(笑)。 





上記のような接続詞を上手く使いこなす

ことができますか。

 接続詞を適切に使用するには訓練が必要です。 

【哲学博士による都立小論文道場】では、

接続詞の使い方を徹底的に指導することで、

論理的な文章を書けるように鍛えていきますよ。  





〇 AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎 LINE@ 

を始めました。 都立推薦入試制度や小論文についてなど

ご質問やご相談にお答えいたします。

友達追加をよろしくお願い申し上げます。


0コメント

  • 1000 / 1000