都立推薦入試までに何をどれだけやらなければならないのか

哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ


哲学博士による都立推薦小論文道場カリキュラム


はやくからの対策が大事なことはわかっているけれど、推薦入試対策に対して何をどれだけやらなければならないのか。 

当道場のカリキュラムは、たとえば以下のようになっています。


 ・都立西高校推薦

  入試対策カリキュラム 




 ・都立日比谷高校推薦

    入試対策カリキュラム 




盤石な準備をするためには、最低でもこのような

カリキュラムをこなす必要があります。

月2本ずつ課題に取り組むペースでも、 

一つの課題に対して1回目の添削指導とその

次週の書き直し指導によって、月4回は講師

と顔を合わせることになりますよ(笑) 


前回のブログでもお伝えしましたが、

 受験の追い込み期に推薦入試対策を

一挙に平行して行うことは受験生に

負担となります。 

できるだけはやくからの対策をおすすめします。   



〇 AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎 

 LINE@を始めました。 

 都立推薦入試制度や小論文についてなど

ご質問やご相談にお答えいたします。 

 友達追加をよろしくお願い申し上げます。


0コメント

  • 1000 / 1000