平成26年度 東京都立日比谷高校  推薦選抜にもとづく小論文 解答への導き

【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ



H26年度 東京都立日比谷高校 推薦選抜にもとづく小論文
 ―解答への導き―


(問題はこちらより。)


解答例1

解答例2


平成26年度の問題は、男女共同参画社会の実現を目指す取り組みに対する問題が出題された。 まずは提示された各資料を確認しよう。 

資料1: 男女共同参画社会基本法 前文と第一条の抜粋 

資料2: ワーク・ライフ・バランスの定義 

 図1: ワーク・ライフ・バランスという言葉の認知度を表すグラフ

 図2: 仕事と生活の調和に関する希望と現実に関するアンケート結果

 図3: 男女共同参画社会に関する行政への要望に関するアンケート結果



 問1 資料1、図1、図2からわかることを、180~200字で説明しなさい。


 資料1からは男女がともに社会の中で活躍していくことができる男女共同参画社会の実現が緊急課題となっていることを読み取る。 


資料2と図1からは、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)という言葉の内容を知らない人が8割以上いることを読み取る。  


図2からは、現状女性のうちおよそ45%の人が家庭生活を優先させている人がいることを読み取る。 


図3からは、平成21年と平成24年において男女ともに6割以上の人が、子育てや介護中であっても仕事を続けられるよう支援することを行政に望んでいる点を読み取る。  


いずれの資料や図からも特徴や目立つ数字の大きさに注目して、以上の太字のように箇条書きにしてまとめることができれば、さほど難しい問題ではないだろう。



 問2 資料1、資料2にあるように、「仕事と生活の調和」をはかりながら、「男女共同参画社会」を進めていくために、今後どのような取り組みが必要か。あなたの考えるところを360字~400字で説明しなさい。その際、図1、図2、図3の中で、あなたの考えの根拠とした箇所を明確にすること。 


 男女共同参画社会の実現は、日本社会のなかで大きなテーマの一つだ。問題にある資料や図を見ればわかるように、男性と女性が望む希望と現実は異なる。男性も女性も仕事と家庭生活とをともに優先し、充実したものにしたいという希望があるにもかかわらず、男性は仕事を、女性は家庭生活を優先せざるをえない事実があることが図2から読み取れるだろう。こうした希望と現実の乖離が、そのまま行政への要望となって数値にも表れている。 男女がともに、仕事や家庭を持ち、充実した多様な生き方を実現できる社会が男女共同参画社会だ。こうした社会の実現に向けて、君ならどんな対策を考えるかが問われている。これから大人になったときに、どんな社会が実現していてほしいだろうか。君のアイデアをじっくり考えてみてほしい。具体的には解答例に挙げられているような方策がひとまず考えられるだろう。参考にしてもらいたい。 

問2の問題は原稿用紙1枚程度で、割ける文字数は少ない。余計なことを書いている余地はないのだ。資料や図の内容を的確にふまえた上で、コンパクトにまとめる文章技術を訓練する必要があることは言うまでもない。   



【哲学博士による都立推薦小論文道場】受講希望の皆様へ


0コメント

  • 1000 / 1000