Profile

佐藤陽祐

博士(哲学)中央大学

・雄飛教育グループ 潜龍舎代表・主幹講師

・雄飛教育グループ 潜龍舎プロデュース

【哲学博士による都立推薦入試小論文道場】代表

・中央大学文学部非常勤講師


中央大学文学部哲学科卒業

中央大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了

同大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程修了

専門:A.N.ホワイトヘッドを中心とした現代哲学。

人間の経験、意識、言語といった問題に興味があり、集中的に取り組んでいます。


雄飛教育グループ

AO・推薦入試小論文対策専門塾 潜龍舎





僕は、塾や大学で講師をしながら、

哲学という学問をしている。

そして、34歳のなかなかに中途半端な年だ。

人生の大方のことは経験してしまった気も

する一方で、まだ知らないこともたくさん

あるような気もするし、

ワクワクもしている。不思議な感覚だ。



中学生のとき、僕は愚か者だから、

「本当に」なんにでもなれると思っていた。

将来の夢を聞かれて、小説家でも政治家でもバンド

マンでもお笑い芸人でもなんでもできると、心底

思っていた(愚か者)。

文字通り、なんでもだ。

でも、今は、当然そうは思わない。

様々な可能性から自分がこれだと思うものを

自分の責任で選び取り、自分の価値観を

自分の責任で遂行していくことが

大人になることだからだ。



人の一生レヴェルで見たら、僕はまだまだ若造だ。

しかし、僕はようやく13歳だなぁ

(哲学ってなんだかわからないけどすごい!)

と思っていて、気が付いたら、本当にいつの間にか

(いつの間にかなんだよ!)、30歳を超えていた。

この道を志してから20年経っていたよ!



大学にもいるし、塾の講師もしているから、

若い人に接する機会が多い。

若い人(少なくとも自分より年下の人たち)に

僕が僭越ながら、本当に伝えたいのは、

こんなことだ。



勉強と学問は違う。しかしながら、

勉強がないと学問にはつながらない。

中高生のみんな、勉強は学問をやる立場から

見たら、ほんの基礎でしかない。

それは学問をやるための手段だ。

勉強をしたうえで、学問の世界があること

を知ってほしい。



勉強には「答え」がある。

でも、学問には誰かが用意してくれる「答え」

なんてないんだよ。

そこに学問の最大の醍醐味があると同時に、

絶望や諦念もある。

そういうものを全部抱えて、苦しみながら、

自分の頭で、この人間の頭で、

必死に考えてみたときに、あるいはいろいろ

試行錯誤してみたときに、

霧が晴れるように見えてくる世界がある。

自分で問題を見つけて、自分で答えを出す努力や

苦労や、喜びを知ってほしい。


そんなことを僕の教え子にはいつも伝えたい

と思っている。そして、授業でもこっそり

そんな内容をナイフのようにしのばせている。

誰かには伝わるかもしれないと思って。


勉強ってね、実のところ、つまらない。

この動詞は何段活用ですとか、何年になんとか幕府

ができましたとかさ、学校ってのは、そういうどう

でもいいことばかり教えるんだな。ただの記憶力養

成講座みたいなもんだ。

つまらないよなぁ。それはわかる。

筋トレみたいなものだもの。

泣きながらやるしかないよ(笑)。



でもね、これだけは言っておきたいね。

勉強に意味はない。

いや、もう少し、丁寧に言いなおそう。

勉強する意味とか価値は、

それ自体でどこかにあるわけじゃないよ。

親や学校の先生や、塾の先生がやれ!

と言うからやるもんじゃないんだよ。

はっきり言っておくね。

言われてやるなら、全然やらなくていい。

(それでも、以下の内容も全部ひっくるめて、

 勉強しろ!と僕は言うんだけどね。)


勉強することそれ自体に意味や価値はないよ。

しかも、その意味や価値は誰かに言われたり、

教わったりするものではないし、まして他人から

それを与えられるものでもない。

さらには勉強しなければ「ならない」という

必然性もまったくないよ。


勉強する意味や価値ってのは、勉強する人が

自分で生み出すものなんだよ。

何のために勉強するかに対する意味や価値を、

自分で創り出すことこそが

最も創造的な勉強だよ。

(論理的には、循環しているけれど、

でも、わかるだろ。)

意味や価値ってね、それ自体では存在しないんだ。

それは人が創り出すものだ。

勉強って、意味や価値を創造できない人にとって

は、本当につまらないと思う。

でもね、その先に学問がある。

勉強は、今は意味や価値がわからなくても、

とりあえずやってみな。

その先にある学問、これがね、面白いんだよ。

そんな世界があることを、知ってほしいなぁ。

全部がつながるんだよ。

この景色を見においでよ。